素行調査と浮気調査は何が違うの?

素行調査と浮気調査は何が違うの?徹底分析!

昨今では様々な悩みや問題解決のために探偵・興信所に調査依頼をする人が増えているようです。一昔前ではドラマや推理小説のなかの話でもあり、一般の人には馴染みのないところでもありました。しかし今では若い年代から高齢者まで何らかの理由で探偵調査をお願いし、トラブル回避や不安を解消することができるとしています。

 

そこで一番の需要が高いとされている浮気調査と素行調査では何が違うのか?関心を高めている人もいるのではないでしょうか。実際にネットで調べることで多くの探偵社が存在しており、調査項目として必ずあげられているのも目にすることができます。

 

素行調査とは?

 

行動調査とも言われており対象者の生活や行動パターンなど調べることとなります。交友関係や接触した人物、立ち寄った場所など契約した期間内での調査となり張り込み、尾行、場合によっては証拠となる写真、映像、ボイスなども収集します。

 

依頼者の主な目的として

  • 子どもの付き合っている彼、彼女の素性を知りたい
  • これから結婚を考えているパートナーが自分にふさわしいか
  • ギャンブルにはまっていないか
  • 旦那、妻の行動が怪しい(浮気の疑い)
  • 息子、娘が薬物、援助交際などに関わっていないか

 

浮気調査とは?

 

言葉どおり男女間、夫婦間でどちらかが浮気、不倫の疑いがある場合、その実態を調査することとしています。今後、離婚や慰謝料請求なども考えられることから決定的な証拠を収集することが重要となっています。対象者と浮気相手をターゲットとしその行動を尾行、張り込みし不貞行為の証拠など協議の際に有効となる調査報告書が期待できます。

 

また調査の結果、浮気、不倫の事実がないとする場合もあり、依頼者にとってはこれまでの不安を取り除くことができるとしています。また多くの探偵・興信所では浮気調査の結果によってはアフターフォローが充実しているところもあり、今後の修復に向けてのアドバイスや離婚協議に向けての弁護士紹介などサポートしてくれます。

 

素行調査と浮気調査の違いは尾行、張り込み、追跡といった捜査方法はあまりかわりませんが、浮気調査では浮気の証拠を収集することが大きな目的となります。そのため調査する時間も単に素行調査をするよりも長くかかることも予想され費用も高くなることが考えられるようです。

page top