盗聴器発見を興信所に依頼

盗聴器発見調査を興信所に依頼

盗聴や盗撮なんて自分には関係のないことだと思っていたけど、実際に部屋のなかを覗かれているような気がする!自分の行動パターンが読まれている!など不安になる方も昨今では増えているようです。テレビでも盗聴被害による実態を明らかにするとした報道番組がよく見られるようになり、もしかしたらと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで盗聴器発見を興信所に探偵依頼する人がおり、ニーズが高まっている現状としているようです。警察に相談しても実際に犯罪や事件が起きてなければ捜査することはできませんので、ここはプロの調査員に依頼することが最善の方法でもあるようです。また自身で探す方法もありますがそれは容易ではないようです。仕掛ける側も見つからないように、ばれないところに用意周到に設置しますので素人では難しいようです。

 

盗聴を仕掛ける人物とは?

 

  1. 元カレ・カノのストーカー
  2. 分かれた夫、妻
  3. 盗聴・盗撮マニア他人の好意によるストーカー
  4. 企業情報(先進技術、特許技術、投資情報、人間関係、その他)

 

最も多いケースとしてはまだ好意があったり、執着している場合、以前に付き合っていた彼、彼女の住居に侵入して仕掛けることが増えているようです。また以前夫婦として共に過ごしていたものまだ未練が残る、その後の生活を知りたいなど理由としています。また別居中でもどちらかが離婚を望んでいない場合や浮気の証拠をつかむためなど男女間の問題において盗聴を仕掛けることが多いようです。

 

また気づかないうちに他人から好意を寄せられストーカーによる被害もあります。そしてラブホテル、温泉、銭湯、社内、学校での女子トイレ、更衣室、公衆トイレなどあらゆるところに仕掛けるマニアも続出しているようです。近年では盗聴器や盗撮器は一般な人も普通に購入することができその様な専門店も存在していますので、誰もが仕掛けることができ誰もが被害に合ってしまうことが考えられるようです。

 

興信所に盗聴器発見を依頼するメリット

 

  • プロの調査員では早くに発見することができる
  • 今後の再発防止のアドバイスをしてくれる
  • その後、犯人の調査も可能
  • トラブル、事件を未然に防ぐまた最小限に抑えることができる

 

そこで気になるのが盗聴、盗撮器発見調査を探偵・興信所に依頼した際の費用ではないでしょうか。一般的には部屋の広さや拠点地の範囲、人件費、機材などにより見積もりがだされます。早くに探しだすことができればそれだけ料金も安く収めることができるとして、実績経験があり、信頼できる探偵社を選択することが大切となっています。また今後の対策や不安を取り除くためにも、アフターフォローの充実にも特に関心を高めておきたいところでもあります。