探偵の失敗談はこれが多い!

探偵の失敗体験談はこれが多い!

様々な悩みを持つ人のなかには最近では探偵、興信所への調査依頼をする人が急増しています。それにはメリットが多々あり、不安を解消することができトラブルを回避することもできるとしています。また調査報告書により協議離婚が有利に進めることができた!その他事件を未然に防ぐことも可能とし依頼してよかったという声が、探偵、興信所の口コミ&評判、2ちゃんねるなどでも聞かれるようです。

 

しかし反対に探偵で失敗したというケースも実際には見られ、悪徳探偵社による高額な請求や曖昧な調査、報告書などがあげられます。しかし一般の優良会社においても探偵の失敗談は実はあるとしています。ここでは探偵・興信所においての調査の多い失敗談を紹介しますので、今後の探偵調査の依頼の参考にしてみて下さいね!

 

追跡に失敗!対象者にバレタ!

 

特に最も多い探偵の失敗談として浮気、不倫調査などの尾行、追跡、張り込みにより対象者にバレテしまったというケースとなっているようです。100%の成功はどんなプロフェッショナル調査員としても不可能としていますが、特に新米、未熟、アルバイトなど経験不足な調査員が探偵調査に加わることで失敗することも考えられるようです。

 

特に自分が疑われていると感じている対象者では警戒していることもあり、反対におとりを使う場合もあるようです。ですのでそれなりの経験を積んだ調査員が在籍しているところに依頼するのが安全でもあります。結局のところ探偵に依頼したことがわかってしまい、余計に関係がこじれ修復を考えていたもの破局となったというケースもあるようです。

 

裁判での証拠書類が却下!

 

調査が終了してホットしたのもつかの間で実際に裁判で証拠書類として提出したもの違法性があり却下されてしまうこともあるようです。探偵が自ら盗撮や盗聴、不法アクセス、住居侵入などをして違法な手法を使って集めた証拠はもちろん裁判では採用されることはありません。そのためこちらの主張は認められないとし、また反対に損害賠償を請求されることも少なからずあるようです。

 

そのため依頼する際には捜査方法をしっかりと聞いておくことも大切とし、控訴する場合では弁護士に探偵社の調査報告書とした証拠書類を十分検討することも大切となるようです。

 

探偵調査で成功するなら

 

探偵社・興信所を依頼する際にはもちろん確実な証拠を手にし、お金を支払っているのだから高い成果を期待する人も多いのではないでしょうか。そこで探偵調査のリスクがどれほどのものであるのかも依頼者も十分知ることも大切となっています。そして探偵社の選択も格安だからと安易に決めるのではなく、高い調査力、これまでの実績経験、信頼性があるのか、他社との比較をし選ぶことで失敗することなく満足できる調査結果となるようです。