裁判で使える浮気証拠とは?

裁判で使える浮気証拠とは?探偵・興信所

近年では探偵・興信所のニーズが高まり誰もが気軽に調査を依頼することができる時代ともなりました。また世の中のニーズに応えるように多種多彩とした調査を実施しているところが現在では一般的となっています。しかしその多くは浮気や不倫といった夫婦や恋人の問題の調査が大部分をしめているのも現状としているようです。

 

そこで探偵社に浮気調査を依頼する場合にはそれぞれの目的があり、浮気相手に慰謝料を請求する!離婚する!離婚はしたくないが事実を知りたい!など要求があるようです。そのため浮気証拠は大事となり離婚や慰謝料を考えているなら確実に裁判で有効となるものが必要となります。果たして裁判で使える浮気証拠とはどのようなものなのか?関心を高めている方もいるのではないでしょうか。

 

不貞の事実を証明する証拠がカギ!

 

浮気の証拠とは肉体関係の事実があったかどうかが一番、重要となっているようです。ですので携帯でのメールのやりとりをコピーし、パートナーに問いただしてもただの悪ふざけ、友達と言われればそれまでとなってしまいます。またホテルの領収書やラブホテルの会員カードを証拠として提出しても裁判に有効となることはないようです。

 

そこで確実に不貞行為があったという事実証拠では、ラブホテルの出入りした写真となります。また1回だけではなく数回の証拠写真を必要とし在室時間なども大事となるようです。またホテルに限らず相手の住まいに通うケースも見られますので、張り込み、尾行によって通う日数や滞在時間など期間をかけて調査する必要があるようです。

 

単に浮気の事実を確認し、認めさせたいとするならば早くに調査終了も考えられますが、、裁判を目的としているならば徹底的に浮気証拠≪探偵・興信所≫を集める必要があります。浮気相手に慰謝料を請求するにも離婚時に優位に調停・裁判を進めるには確固たる動かぬ証拠が必要となるようです。

 

そのため浮気調査を得意分野とし経験実績が豊富にある探偵社・興信所を選択することが大事となっています。そこでおすすめなのが原一探偵事務所は浮気証拠を確実に収集することができるとし裁判に有利となる調査報告書が期待できるとしています。

 

浮気相手に慰謝料を請求する!

 

旦那(妻)とは離婚するつもりはないが、心のキズやこれまでの不安な日々、ストレスなど考えたら相手から慰謝料をもらいたいと思うのも当然のことでもあります。もちろんパートナーの行為も許せませんが、関係を修復したいという夫婦も少なくなようです。そこで相手の素行調査を実施し身元や所在を確認し請求を求めることができるとしています。